山内龍雄芸術館


開催中の展覧会




山内龍雄芸術館 開館三周年記念
知らせたい作家展


2019年4月6日(土)~5月26日(日)

金・土・日・月・祝日開館
開館時間:12:00-17:00
入館料:大人 500円/ 学生 250円
問合せ:090-1205-1726


山内龍雄芸術館は、おかげさまでこの春、三周年を迎えることができました。
開館以来、多くの方との出会いがあり、お話の中で感動がありました。 これからも、より多くの人たちにこの芸術館を知っていただき、お越しいただい た方の心の中に人生の思い出として残るような、そんな味わい深い存在で ありたいと願っています。

今展では、山内龍雄芸術館のコレクションを展覧いたします。
芸術館のコレクションの中心になっている山内龍雄作品のほか、芸術館を開館 してからの三年間で新しく所蔵した作品を中心に展示いたします。
開館してから出会った井深達朗さんの光を見ているような心持になる素描作品群。
現在91歳で毎日欠かさず絵を描き続けている山口秀夫さんの柔軟な発想と豊か な感性の作品。(展示作品は一昨年、芸術館に寄贈くださったものです。)
来年5月に芸術館で個展開催予定の鴨下葉子さんの、張り詰めた緊張感がある 80年代に制作された油彩画。 
気鋭の美術家 若木くるみさんが昨年、富山美術 館で発表した作品や、芸術館の須藤をモデルに制作した木版画。今展では若木 くるみの参考作品としてピカソも展示いたします。
そのほか、芸術館をいつも応援してくださる陶芸家 住吉孝行さんの漆喰シーサー。
画家 野間祥子さんの瓢箪画と中一平太さんの瓢箪作品群。 
一昨年に芸術館で 個展開催していただいた画家・版画家の小形香代子さんのモノタイプ版画作品。
山内作品のヨーロッパ展では大変お世話になった画家 マンフレッド・マクラさんの 作品。
 芸術館のお店ヤマドリ店長が大ファンの画家 田端麻子さんの立体作品。
10年前に山内龍雄と旅をしたワタリドリ計画の手彩色絵葉書や、その道東の旅で 着想を得て描いた麻生知子の油彩画。 
芸術館の助言者でもある画家 武内明子 のドローイング。

芸術館が縁になり所蔵した作品を多く展示いたします。
ぜひ皆様に知っていただきたい作家の作品です。
芸術館の三周年を作品たちと一緒に楽しんでいただければ幸いです。

山内龍雄芸術館開館三周年記念

山内龍雄芸術館 開館三周年記念
知らせたい作家展